ポーカーはゲームか?スポーツか?

ポーカーはゲームか、それともスポーツなのでしょうか?「スポーツ」と聞いて真っ先にポーカーが思い浮かぶことはないと思いますが、辞書の定義を見ると、ポーカーはその範疇に収まっています。辞書において、ポーカーの定義は「肉体的な運動や技術を伴う活動で、個人やチームで他者と競い合うこと」と記載されています。

面白い

 

たしかに、ポーカーでは、マラソンなどと同じ程度のカロリーを消費することもあります。ちょっとしたサッカーの試合のようですが、ポーカーは決して余暇を過ごすためだけのゲームではなく、鍛え上げたスキルと精神力を要するゲームなのです。この点からみると、ポーカーはスポーツなのです。

今回の記事では、ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)などのポーカートーナメントに参加している人たちが、なぜスポーツアスリートだといえるのか、その理由について説明します。

スポーツ並みの面白さ

ラスベガスや世界中のカジノの試合を観たことがある方は、毎年活躍している世界最高峰のポーカープレイヤーの対戦をぜひ一度観てみてください。
世界トップレベルのポーカー試合を観ると、一手ですべてを変えてしまうような最高に面白いゲームを観戦することができます。
ブロックの中で最強とされるプレイヤーが、弱者や全くの無名のプレイヤーに倒されることもあるのです。だれしもが予期せぬ事態に発展することもある面白いスポーツなのです。

激しく繰り広げられる熱戦

ポーカーがただのゲームであれば、勝敗は重要ではないので誰も気にしませんよね。しかし、ポーカーは競争がとても激しいゲームです。
世界トップレベルのポーカープレイヤーになってくると、自分のスキルを完璧に使いこなします。引き当てるハンドは運に左右されますが、カードの使い方次第で魔法が起こせるのです。激しい熱戦こそがポーカーの面白さであり、スポーツたる所以なのです。

トレーニング

試合後の疲労レベル

ポーカープレイヤーの大半は、ベンチプレスほどパワフルな運動はしませんが、ポーカーは間違いなく体力勝負です。何時間も集中してプレイして、全く疲れない人なんていません。
純粋な集中力に加え、ポーカープレイヤーの脳はフル回転しています。決勝に進むためには、他のプレイヤーの動きを読み、戦略を練り、経験の浅いプレイヤーを見切り、自分のペースを保つ必要があります。それだけでなく、常に「オン」の状態でなければなりません。
5時間ずっと腹筋をするほど辛くはないかもしれませんが、ポーカープレイヤーが地獄のような思いをしていることは間違いありません。

練習やトレーニングの積み重ね

ルーレットで勝つためにトレーニングをしている人なんていないですよね。ポーカーがスポーツだと言えるのは、どのプレイヤーも、特に最強プレイヤーは、かなりのトレーニング量を積んでいるからです。
栄光の勝利を掴むため、ポーカープレイヤーは、ポーカーに関する書籍を読み漁り、あらゆる知識を吸収しています。プロのコーチと一緒にスキルを磨き上げ、何年もかけて指導者のもとで学んでいるのです。ポーカーは運も影響するゲームではありますが、”ひたむきさ”も肝心です。そして、ポーカープレイヤーはこの上なく熱心なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *